「日本への投資復活」-年初に売りに転じるも安倍首相圧勝で再び買い

  • 参院選後にネーダー・ナエイミ氏は日本株買い、円売りスタンス
  • AMPキャピタルは年初に日本売りに転じていた

年初に日本売りに転じたネーダー・ナエイミ氏は、再び強気になったと語る。

  豪AMPキャピタル・インベスターズで投資ファンドを率いるナエイミ氏は10日の参院選での与党勝利以降、日本株を買い円を売っている。その理屈はこうだ。安倍晋三首相による積極的な財政刺激の舞台が整い、バリュエーション(株価評価)が首相就任前の水準に下がっているのだから、相場は上昇の機が熟している-。

  「日本への投資復活だ。再び2012年に戻った感じだ」と同氏は言う。

ネーダー・ナエイミ氏

Source: AMP Capital Investors Ltd.

  安倍首相率いる連立与党が圧勝した参院選後の2日間でTOPIXは6.3%上昇。この株価上昇について弱気派は市場の過剰反応で景気回復へのハードルは高いままと指摘するが、強気派は安倍首相はこれで改革を推し進めながら緩和的措置の拡大が可能だとみる。

  ナエイミ氏は「週末の安倍首相の勝利で積極的な財政政策支援への道が開けた」と述べた。

  いわゆる「アベノミクス」相場でナエイミ氏は早くから買い手を担ってきた。金融緩和と財政刺激、構造改革を掲げ、第2次安倍内閣が発足するとみられた12年11月に、日本株を買い増し、円をショート(売り持ち)としていた。翌年になると日本銀行は資産購入を前例のない水準に引き上げ、TOPIXは5年ぶり高値に到達。円は急落した。

  ナエイミ氏は今年早くまで強気スタンスを維持。日銀が1月にマイナス金利を採用し、株価が乱高下すると、投資を引き揚げるのが賢明な策となった。TOPIXは年初から先週末の8日までに22%下落、円は対ドルで20%上げた。8日時点でTOPIXの株価収益率(PER、予想収益ベース)は12.4倍と、12年10月以来の低水準に近くなっていた。

  日本株弱気派はこれを、アベノミクス失敗の証拠と捉えるが、ナエイミ氏には株価は割安と映る。安倍政権は積極的な成長戦略をとるとみているからだ。UBS証券ウェルス・マネジメント本部の日本株リサーチヘッド、居林通氏も「アベノミクスは続く」として、「外国人投資家の日本株に対する期待値はゼロだったが、今後は戻ってくるだろう」とコメントした。

  安倍首相は参院選後に「大胆な経済対策」を早速策定したいと発言。内閣官房参与の藤井聡京都大学大学院教授は6日のブルームバーグのインタビューで、2016年度中に20兆円規模の経済対策を打てば、17年度中の2%の物価安定目標は達成可能になるとの認識を示した。だが、アベノミクス懐疑派からは金融緩和と財政措置だけでは景気押し上げに十分ではないとの声も聞かれ、構造改革の欠如が指摘される。

  ルクセンブルク国際銀行のチーフストラテジスト、ハンス・ゴッティ氏(中東とアジア担当、ドバイ在勤)は「円安と財政刺激期待が日本株を短期的に押し上げている」とし、「これが持続可能か確信できない。アベノミクスの最重要部分は経済改革であり、実施には長い時間がかかる」と付け加えた。

  内藤証券の田部井美彦投資調査部長もセンチメントは脆弱(ぜいじゃく)との認識を示す。「肌感覚では行き過ぎているな、と申し訳ないが思っていて、日本市場は今週末3連休を迎える。英国はいったん落ち着いてはいるが、ニューヨークがもしマイナスになった場合、日本の株が行き過ぎた短期間の円安が意識され、今の水準より下がってくるのではないか」と述べた。 
 
  また、BGCパートナーズ(シンガポール)の日本株セールス担当マネジャー、アミール・アンバーザデ氏はこのところの相場上昇の大半はショートカバーかもしれないと指摘した。

  こうした懐疑的な見方は、逆張り投資家であることを誇りとするナエイミ氏にはプラスの兆しだ。「アベノミクスへの世界的な懐疑心は非常に大きいが、再びチャンスはあると私は思う」と同氏は述べた。

原題:A Japan Cynic Turns Stock Believer Again After Abe Election Win(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE