バーナンキ氏は日銀の緩和手段まだあると首相に指摘-官房長官

更新日時
  • 安倍首相はデフレからの脱出速度を加速したいと発言-会談冒頭で
  • 官邸での会談には浜田内閣官房参与、浅川財務官が同席

バーナンキ前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は12日午後、安倍晋三首相と官邸で会談し、日本銀行には金融を緩和するための手段がまだいろいろ存在すると指摘した。菅義偉官房長官が記者会見で語った。

  菅氏によると、首相とバーナンキ氏は、今後の世界経済の見通しや、日本経済がデフレから脱却して持続的な成長を続けていくために必要な対応について意見交換。バーナンキ氏は財政政策で名目国内総生産(GDP)を上げるとともに、協調して金融政策をやるべきだと語ったという。ヘリコプターマネーについては「特段の言及があったということは承知していない」と述べた。

  会談は冒頭部分のみ記者団に公開された。安倍首相は「デフレからの脱出速度を加速し、しっかりやっていきたい」と語った。会談には浜田宏一内閣官房参与、浅川雅嗣財務官らが同席した。

(菅官房長官が記者会見の内容を追加し、全面的に更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE