UBS:英から移転はパスポートや清算業務が鍵-報酬は厳しい年

更新日時
  • 置かれている環境に対応する上でふさわしい人員規模とオーセル氏
  • 報酬について「今年は誰にとっても厳しい年になる」と見通しを示す

スイス最大の銀行UBSグループの投資銀行責任者アンドレア・オーセル氏は、投資銀の人員規模が今は適正だと述べ、英国の欧州連合(EU)離脱の選択で生じる困難にもかかわらず、数千人を削減した最近数年の合理化を休止する可能性を示唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。