米フェイスブックに10億ドルの損害賠償請求-ハマスの利用めぐる裁判

フェイスブックは、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスによる攻撃計画の際に同社サービスの利用を容認したとして、遺族らから10億ドル(約1030億円)の損害賠償訴訟を起こされた。この攻撃ではイスラエルやヨルダン川西岸、エルサレムで米国人4人が殺害され1人が負傷した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。