ボーイング、737マックスの最小機を拡大へ-ボンバルディアに対抗

  • 設計変更で機体が拡大され、12座席増える-営業責任者
  • 「マックス7」の受注は65件-その大半がサウスウエストなど2社

ボーイングは単通路ジェット機「737マックス」の最小モデルについて機体を拡大する計画だ。顧客の米サウスウエスト航空や加ウエストジェット航空の要請に対応するほか、加ボンバルディアの新型機「Cシリーズ」への対抗を強める。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。