香港オフショア人民元、2週間ぶり大幅高-当局が相場下支えとの観測

香港オフショア市場で取引される中国人民元は12日、対ドルで2週間ぶりの大幅上昇。一時下落していたが、その後上げに転じた。中国人民銀行(中央銀行)が市場のボラティリティ(変動性)を抑えるため介入したとの見方が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。