リビア国営石油会社会長:輸出港の再開と原油増産が「最優先課題」

リビア国営石油会社(NOC)は石油輸出港の再開と原油生産の回復を目指していると、サナラ・イブラヒム会長が明らかにした。5年にわたり内戦が続いていた石油輸出国機構(OPEC)加盟国のリビアは、分裂した国の再統一に取り組んでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。