「漂流」続く世界経済、緩慢ながらもマイナス成長は辛うじて回避

  • 英国のEU離脱でも2-3%の成長経路からの逸脱見込まれず
  • 不安を抱えた消費者と企業は支出を抑え、景気回復の勢いそぐ

「漂流経済」と呼ぶのがふさわしいのかもしれない。世界経済の現状のことだ。辛うじてプラス圏にあるが、大幅加速は望めそうにない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。