ソロス氏の元部下、ファンド・オブ・ヘッジファンド開始-関係者

資産家ジョージ・ソロス氏のファミリーオフィス向けに昨年まで外部投資を担当したキーラン・カバンナ氏が、株式やマクロ経済トレンドに特化したファンド・オブ・ヘッジファンドを始めた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。