ベイルインの不安、法廷外の債務再編でイタリアに行動求める-IMF

  • IMFはイタリアの銀行の不良債権水準が「非常に高い」と指摘
  • 金融業界の改革が金融の安定を定着させる意味で極めて重要とIMF

国際通貨基金(IMF)は、イタリアでは「非常に高い」不良債権の水準と司法手続きの遅れが銀行のバランスシートに過度の緊張を与えていると指摘し、一般投資家に損失を負担させるベイルインをめぐる不安に対応するようイタリア当局に行動を求めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。