HFマネジャー創業の「お金のデザイン」、世界へ投資で若者に人気

更新日時
  • ロボアドバイザーTHEO、年内にもスマホアプリ化「上場視野に」
  • 世界の株式、債券など1万1000銘柄に選別投資、10万円から可能

日本銀行によるマイナス金利導入と同時にサービスを開始したロボアドバイザー型資産運用システム「THEO(テオ)」が若い個人投資家の人気を集めている。ヘッジファンド創業者の谷家衛氏が率いる運用会社「お金のデザイン」が世界経済の成長に投資するのが特徴だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。