米テスラ車事故のドライバーに警察が出頭命令-9日にも別の事故発生

  • 1日の事故ではオートパイロットが使用されていた可能性がある
  • オートパイロットに厳しい目が注がれている

米ペンシルベニア州警察は今月1日に起きた米テスラモーターズのスポーツ型多目的車(SUV)が関与した事故をめぐり、無謀運転を理由にドライバーに出頭を命じた。11日に公表された報告書で明らかになった。事故発生時、一部の自律運転機能を持つ「オートパイロット」が使用されていた可能性がある。また9日にモンタナ州で起こったテスラ車が関与した別の事故で、ドライバーは同州警察に事故の際、オートパイロットを使用していたと説明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。