NY金:2年ぶり高値から下落、米雇用増加や株価急上昇で

11日のニューヨーク金先物相場は約2年ぶり高値から下落。米雇用者の増加を受けて株式相場が急伸し、ドルが上昇したことから、価値保存手段としての金の買いが減退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。