超長期債が下落、予想下回る30年入札結果受け-先物は上昇に転じる

更新日時
  • 新発20年債利回り一時0.095%、新発30年債利回り0.145%まで上昇
  • 30年債入札:最低落札価格は予想を大幅に下回る、応札倍率低下

債券市場では超長期債相場が下落。この日実施の30年債入札で最低落札価格が市場予想を大幅に下回ったことが嫌気されて売りが優勢となった。半面、中長期債は根強い追加緩和観測を背景に持ち直し、これを受けて先物は上昇に転じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。