中国、社債市場のレバレッジ規定を強化-当局の懸念浮き彫り

中国が社債市場のレバレッジ(借り入れ)規定を強化した。デフォルト(債務不履行)が広がる中で、金融リスク増大に対する当局の懸念を浮き彫りにしている。

  中国証券登記結算はウェブサイトに8日掲載した資料で、投資家が新しい証券を買い入れる際、上場企業が発行した証券の保有を担保とする借り入れをどの程度認めるかを決めるレバレッジ比率を引き下げたと発表した。

  証券自体や発行体の格付け「AA」の証券を活用する投資家は現在、そうした証券価値の50%を担保として使うことができるという。これまでは何%だったかについては言及していない。華創証券によれば、以前は70%で、全格付け中で最大の引き下げとなる。

原題:China Tightens Corporate Bond Borrowing Rules as Defaults Spread(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE