三菱重:MRJ最大20機を受注、スウェーデン企業と契約基本合意

更新日時
  • 欧州企業からの受注は初、納入は2020年開始予定
  • 「欧州の航空機リース市場に新たに足場」-三菱航空森本社長

三菱重工業傘下で国産初のジェット旅客機三菱リージョナルジェット(MRJ)の開発を手掛ける三菱航空機は、スウェーデン企業からキャンセル可能なオプション含め20機の受注契約で基本合意したと発表した。欧州企業からの受注は今回が初めて。

  11日から英国で始まったファンボロー航空ショーにあわせて三菱航空が発表した。発表資料によると、スウェーデンの航空機リース会社、ロックトンが90席タイプのMRJ90を確定10機、オプション10機で発注。両社は早期に正式契約を締結し、納入は2020年に開始する予定。

  三菱航空の森本浩通社長は「欧州の航空機リース市場に新たに足場を築き、顧客航空会社に広範にわたるソリューションを提供できるようになる」と発表資料でコメントしている。これまでに国内、アジア、北米の航空会社からの発注はあったが、欧州と中東からはなかった。

  最新の騒音基準や燃費性能などを武器に世界の航空機市場に向けて羽ばたくことを目指すMRJは昨年11月に初飛行を成功させたが、開発スケジュールは延期が相次いでいる。現在は型式証明を取得するため日本で飛行試験を行っており、夏にも米国で試験飛行を開始する。1号機の納入はANAホールディングスに18年中ごろを予定している。

  三菱重によると、MRJ90の最新のカタログ価格は1機4730万ドル(約48億円)。20機では約965億円となる。MRJの受注は今年2月に発表した米航空機リース会社エアロリースからの20機以来。累積受注は今回の受注を合わせると447機となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE