モルガンS、長期債「中立」に転換-英国民投票前の投資推奨から一転

  • 米英独日4カ国の国債利回りの過去最低更新でモルガンは姿勢を転換
  • ビル・グロース氏も上昇する債券相場の先行きに警戒感示す

英国の欧州連合(EU)離脱・残留を問うた6月23日の国民投票の前に、長期債投資を投資家に推奨していた米モルガン・スタンレーがここにきて、国債に対して冷静な態度を取りつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。