加バリック:パスクアラマめぐる計画変更を検討-操業再開に向け

  • 2013年からプロジェクトは操業を停止
  • パートナー獲得を検討する可能性があるとダシュニスキ社長

産金最大手、カナダのバリック・ゴールドは、チリとアルゼンチンの国境地域にあるパスクアラマ鉱山プロジェクトの再開に向け、段階的な開発などの方策を検討している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。