中国ヘッジファンド、株式に強気-76%が月内に保有増やすと回答

中国のヘッジファンド運用者が株式に対して強気姿勢に転じつつある。英国が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めた後も、中国本土株が堅調さを保っているためだ。

  中国のヘッジファンドを継続調査する深圳市融智投資顧問の調査によれば、ファンドの約76%が月内に株式保有を増やす計画だと回答。6月調査時は50%だった。

  上海総合指数はMSCIが6月中旬に自社の指数への中国本土A株採用を見送ったにもかかわらず上昇。英国民投票結果の衝撃で受けた下げからもすぐに出直った。ファンド運用者は同指数が昨年のピーク時から40%余り下落したことでバリュエーション(株価評価)も魅力的だと指摘した。

原題:China Hedge Funds Turn More Bullish on Stocks After Brexit Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE