原油強気派が後退-米国での生産減少でも先週のWTIは値下がり

米国での原油生産急減でさえ、原油価格が回復しそうだとヘッジファンドなどの投資家を納得させる材料にはなっていない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。