米企業の四半期利益は再び減少の公算-落ち込みは浅く下期には回復へ

  • S&P500種構成企業の利益、1936年以来最長の減少局面に並ぶ公算
  • ピークからの落ち込み、リセッション平均には遠く及ばず

米企業利益の後退は7年に及ぶ米国株強気相場の足かせとなっており、どう見ても長期にわたっている。しかし、後退の度合いはというと、歴史的にも投資家にも印象に残らないほどだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。