CBSラジオがIPO申請-親会社がラジオ事業撤退の準備進める

  • IPO前に債務を引き受ける方針
  • CBSはCBSラジオの残る保有株を自社株買いに活用へ

米テレビネットワーク、CBSのラジオ部門CBSラジオが新規株式公開(IPO)を申請した。ラジオ業界の老舗CBSは低迷しているAM・FMラジオ事業から撤退する準備を進めている。

  CBSラジオが申請したIPO規模は1億ドル(約100億円)。これは手数料算出の基準となる金額で、今後変更の可能性がある。8日の届出書によると、同社はIPO前に債務を引き受ける計画。またIPOでの調達資金の一部をCBSに分配する。残りの資金は一般的な企業目的や資金ニーズへの対応で利用する。CBSラジオは届出書で引き受け業者名には言及していない。

  IPOの実施前にCBSラジオの買い手が現れる可能性もある。CBSは3月、ラジオ部門の売却を表明することを検討しているとし、複数の選択肢を考慮していると説明していた。CBSラジオのアンドレ・フェルナンデス社長は従業員宛ての8日付社内メモで、同社は可能な選択肢を引き続き考えていると指摘した。

CBS本社

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  届出書によると、IPO完了後にCBSは残るCBSラジオ保有株を自社株買いに活用する計画。

原題:CBS Radio Files for IPO as Parent Plans to Jettison Business (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE