米ボーイング:現在構想中の新中距離旅客機、強い需要見込む

  • ボーイングは「757」の代替機投入したエアバスに対抗したい意向
  • 開発コストは1兆円を超すと業界関係者が試算

米航空機メーカー、ボーイングは現在構想中の新型中距離旅客機への航空各社の関心は強いと見込んでおり、今後10年間で最大規模となる可能性のある中距離旅客機の開発は妥当だとの確信を強めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。