米国債投資家の皆さん「ジャパニフィケーションの世界にご招待」

更新日時
  • 三菱UFJ国際投信は7月にも米10年債利回りが1%を付けると予測
  • 6月の米雇用の大幅増加でも米国債相場の上昇に歯止めかからず

20年にわたる景気低迷で経験を積んだ日本最大の債券強気派によれば、日本国債利回りのマイナス圏への急低下は、米国債相場の記録的上昇の可能性を暗示しているという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。