トヨタ、ウーバーと提携に難題-タクシー業界が相乗り拡大に猛反発

  • 「業界の歴史始まって以来の未曾有の危機」-タクシー業界会長警鐘
  • 政府は「シェアリングエコノミー」推進-海外では急速に普及

国内自動車メーカー最大手のトヨタ自動車が配車サービスの米ウーバー・テクノロジーズと資本業務提携を発表したことをめぐり、国内でライドシェア(相乗り)の動きが広がることを懸念するタクシー業界が危機感を強めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。