欧州銀に16.7兆円の救済資金が緊急に必要-ドイツ銀主任エコノミスト

  • 特にイタリアの銀行の資本増強で資金必要とフォルカーツランダウ氏
  • 欧州の病状は深刻だと独紙ウェルト日曜版とのインタビューで指摘

欧州域内の苦境にある銀行、特にイタリアの銀行の資本増強に向けて1500億ユーロ(約16兆6800億円)の救済資金が緊急に必要だとドイツ銀行のチーフエコノミスト、ダービット・フォルカーツランダウ氏が、独紙ウェルト日曜版とのインタビューで指摘した。

  同氏は「欧州の病状は深刻であり、一刻も早く問題への対応を開始しなければならない。さもなければ、不幸な出来事が起きかねない。私はこの世の終わりを説く悲観論者ではない。現実主義者だ」と主張した。

  イタリアの銀行は3600億ユーロ相当の不良債権で財務が圧迫されており、英国民投票のEU離脱の選択を受けて株価が再び急落する状況で、イタリア政府は銀行支援策をめぐり欧州当局の意向を探っている。欧州中央銀行(ECB)の元理事で、現在は仏銀ソシエテ・ジェネラルの会長を務めるロレンツォ・ビニスマギ氏は6日、イタリアの銀行危機が欧州全体に波及する恐れがあり、混乱拡大を回避するために銀行への政府支援を制限するルールを見直すべきだと語った。

  フォルカーツランダウ氏はインタビューで、「2008年のような金融危機の再発は予想していない。銀行は今やはるかに安定性を増し、自己資本も増強されている。われわれが今回直面しているのは、緩慢で長い下降スパイラルだ」と分析した。

  同氏はさらにドイツ銀の株式10万株を最近取得したことを明らかにし、同行の先行きを楽観していると述べた。
  
原題:EU Banks Need $166 Billion, Deutsche Bank Economist Tells Welt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE