英銀HSBC、外貨預金口座への申し込み殺到-最長15日の開設待ちも

  • 開設を待つ時間はウェブサイトにある説明の3倍に達している
  • EU離脱が決まった後にポンドは31年ぶりの安値に下落

英銀HSBCホールディングスの外貨預金口座には、欧州連合(EU)離脱が英国民投票で決まった後、開設の申し込みが殺到している。ポンド急落で不安に駆られた英国の顧客が、預金の価値保全に慌てて動く状況が背景にある。

  HSBCは外貨預金口座を5営業日で開設できるとウェブサイトの広告でうたっているが、広報担当ジェンナ・ブラウン氏によると、同行は申し込みを行う人々に対し、開設まで10-15日待つ必要があると伝えているという。同氏は「HSBCの外貨預金口座への関心が最近高まり、申し込みが後を絶たない状況だ」と説明し、待ち時間は長めになる可能性があると電子メールで回答した。

  英国民がEU離脱を選んだ衝撃でポンドは対ドルで一時31年ぶり安値に下落した。HSBCのウェブサイトによると、同行はユーロやドルを含む14通貨の外貨口座を提供している。

  
原題:HSBC Inundated by Foreign Currency Account Requests Post-Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE