米ウェルケアとセンティーン、エトナの資産に購入提案-関係者

  • エトナはヒューマナ買収で反トラスト当局の承認を求めている
  • エトナは8日の米司法省当局者との会合で売却計画を提示

ウェルケア・ヘルス・プランズセンティーンなどの医療保険会社が、エトナがヒューマナ買収に伴って売却を迫られる可能性のある資産に対して購入提案を行った。事情に詳しい関係者が明らかにした。エトナによるヒューマナ買収は370億ドル(約3兆7000億円)規模。

  関係者が9日語ったところによると、ウェルケアとセンティーンはエトナの「メディケア・アドバンテージ」に対して個別に提案を示した。エトナは8日、米司法省の反トラスト(独占禁止法)担当当局者との会合で資産売却計画を提示した。

  ウェルケアとセンティーンがエトナの資産に関心を抱いていることについては、ロイター通信が9日、先に報じていた。エトナはコメントを控えている。ウェルケアの担当者に取材を求めたが、返答は届いていない。センティーンの広報担当者は、うわさにはコメントしないと説明した。

 
原題:WellCare, Centene Are Said to Bid for Aetna Medicare Assets (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE