ロシア:米外交官2人を国外退去処分-CIAの職員と指摘

  • 外交官の地位にふさわしくない行動を取ったとロシア外務次官
  • 米国務省はロシアの外交官2人を6月に国外退去させたと発表

ロシア外務省は9日、モスクワの米大使館に勤務する外交官2人を国外退去処分にしたと発表した。2人は米中央情報局(CIA)の職員だとしている。米側もロシア外交官を国外退去にしたことを明らかにしており、6月に米大使館の外側で起きた小競り合いを受けて両国間の緊張が高まっていることを反映した形だ。

 ロシア外務省のリャプコフ次官は9日、同省のウェブサイトに声明を発表し、外交官の地位にふさわしくない行動を取ったために2人を国外退去にしたと説明。このうち1人の外交官は6月6日、CIAの任務から戻る際にロシアの警察官と衝突したと同次官は指摘した。米当局者は、ロシアの警察官が同外交官に暴行を加えたとしている。

  米国務省のカービー報道官は8日、米駐在のロシア外交官2人を6月17日に国外退去させたと発表。ロシアの警察官の行動について同報道官は「いわれのないものであり、われわれの職員の安全を危うくするものだ」と述べた。

  一方、ロシア外務省のザハロワ報道官は6月30日、米外交官は身分証明を求められた後でロシアの警察官を殴ったと語っていた。    

原題:Russia Expels Two Americans as Tensions Rise After Embassy Fight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE