米雇用統計で残された年内利上げの可能性-FOMCの不安和らげる

6月の米雇用統計によると、雇用者数の伸びは低調だった5月からしっかりと持ち直した。これで景気の健全さに対する米金融政策当局者の懸念は和らぎ、年内利上げに向けた可能性は残される公算が大きくなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。