NY原油(8日):反発、米雇用統計で景気減速への不安和らぐ

8日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発。6月の米雇用者数の伸びが予想を上回り、世界最大の原油消費国である米国の景気が減速しているとの不安が和らいだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。