「テフロン」の水質汚染問題、デュポンへの懲罰的賠償金は50万ドル

米デュポンが「テフロン」の製造に使う化学 薬品による水質汚染で精巣がんになったと主張する男性が同社を相手取 って起こした訴訟で、オハイオ州コロンバスの連邦地裁の陪審は8日、 懲罰的損害賠償としてデュポンに50万ドル(約5000万円)の支払い義務 があると認定した。

デュポンに対しては6日に同じ陪審が補償的損害賠償金として510 万ドルを支払う義務があると認定。7日の最終弁論ではこれとは別に最 大12億ドルの懲罰的賠償金を支払う義務があるかどうかが焦点となって いた。

8日の米国株式市場ではデュポンと、同社からスピンオフ(分離・ 独立)されたケマーズが大きく上昇した。

原題:DuPont Shares Rise as Jury Awards Limited Punitive Damages (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE