独VW、EV向け電池製造でパナソニックなどとの提携を検討-関係者

  • 複数の拠点での電池生産を模索
  • 各拠点に最大20億ユーロ投じることを監査役会が協議

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は、電気自動車(EV)向け電池製造でパナソニックLG化学などこの分野での経験を有する企業との提携を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。VWはディーゼル排ガス不正スキャンダルから立ち直るため、戦略を全面的に見直している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。