IMF:ECBは資産購入の拡大を、インフレ回復なければ

更新日時
  • ユーロ圏は銀行の不良債権について包括的対策が早急に必要
  • ユーロ圏経済の下振れリスクは増した

国際通貨基金(IMF)は8日、ユーロ圏のインフレ率が現在の低水準から回復しない場合、欧州中央銀行(ECB)は資産購入プログラムの拡大を検討するべきだとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。