8日のインド株式相場は下落。決算シーズンの本格化を来週に控え、エネルギー銘柄と電気通信株の下げが目立った。指標のS&P・BSEセンセックスは週間ベースではこれまでの上げを消し、マイナス圏で終了した。

  携帯電話サービスのブハルティ・エアテルとアイデア・セルラーは2%強の値下がり。インド石油ガス公社(ONGC)は3営業日続落。原油相場がバレル当たり46ドルを割り込んだことが嫌気された。ラーセン・アンド・トゥブロとICICI銀行も売られた。

   センセックスは前日比0.3%安の27126.90で終了。週間ベースではここ5週間で4回目の値下がりとなった。

原題:India’s Sensex Completes Weekly Retreat as Telecom Shares Slide(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE