英国の6月既存店売上高、10年ぶり低水準-EU離脱懸念をBDO指摘

  • 国民投票後の消費者信頼感は1994年以来の大きな落ち込み
  • EU離脱選択、小売業者にいっそう厳しい影響も-ドイツ銀など

英国の小売業者の6月の売上高は同月としては10年ぶりの低水準となった。23日の欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票を前に消費者が支出を控えたことが、会計事務所BDOの調査で分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。