エールフランス・KLM、リオラッチCFO退社へ-11月にISS移籍

欧州最大の航空会社、フランス・オランダ系エールフランス・KLMグループは、ピエールフランソワ・リオラッチ最高財務責任者(CFO)の退社を発表した。新たな最高経営責任者(CEO)が就任したばかりの同社は、コスト削減策をめぐりフランス部門のパイロットとの緊張が高まるなか後任のCFOを早急に見つける必要が生じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。