6月の米雇用統計、労働市場の傾向判断で市場が注目-8日発表

  • エコノミストは雇用者数が18万人増に回復すると予想
  • ベライゾンの従業員スト収束で3万5100人の職場復帰も影響

エコノミストは通常、1つの経済データを重視し過ぎないように気を付けているが、現在の環境下では、8日に発表される6月の米雇用統計については極めて子細に分析した方が良さそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。