PIMCO:6月の米雇用統計にかかわらず米当局は金利据え置きへ

  • 英国のEU離脱決定で当局は静観を続ける-キーセル氏
  • 米国債指数は7週連続高のペース、欧州債務危機時以来の長期上昇

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、8日発表の米雇用統計がどんな内容であろうと、米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利を据え置くと予想している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。