英国の消費者信頼感、1994年以来の大幅悪化-EU離脱決定が響く

  • 回答者の6割が向こう1年で景気が悪化すると予想
  • 残留派の指数はマイナス13に悪化、離脱派はマイナス5にとどまる

英国の消費者信頼感が21年で最も落ち込んだことが、国民投票後に臨時で実施された調査で明らかになった。欧州連合(EU)離脱の決定に伴い先行きに影を落とす兆候がまた一つ増えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。