ECBコンスタンシオ副総裁:不良債権問題で政府の役割検討を

  • 小規模な公的支援を熟慮する価値はある
  • EUの支援がなければ監督者は不良債権償却に期限設定へ

欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は7日、政策当局が金融の安定性を改善させるため、危機時に不良債権で苦しむ銀行への「小規模な公的支援」を認めることを検討すべきだとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。