2.4兆円の英不動産ファンドが凍結-リーマン前夜のサブプライム彷彿

英国では大手不動産ファンドの対顧客取引停止が相次ぎ、合計約180億ポンド(約2兆3600億円)の資産が凍結または動きが制限された。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて投資家が同国の不動産投資から手を引こうとし、解約請求が急増している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。