日本株4日ぶりに小反発へ、米雇用改善期待し買い戻し-円高は警戒

更新日時

8日の東京株式相場は6月14日以来の4日続落。米国の雇用統計や日本の参院選など重要日程を前に買いが手控えられる中、為替が円高に振れた午後に下げを広げた。英国の不動産混乱の影響が懸念されている不動産株が業種別下落率でトップ。情報・通信や電気・ガス、小売など内需株中心に安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。