NY外為:ドル指数は1週間ぶり高水準近辺、雇用統計待ち

更新日時

7日のニューヨーク外国為替市場ではドルがしっかり。ドル指数は約1週間ぶりの高値近辺を維持した。8日発表の米雇用統計は年内の利上げの有無を判断する上で手掛かりとなる可能性がある。

  ドルは主要通貨の大半に対して上げた。前日に公表された6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では一部の当局者が5月の雇用減速について、景気が勢いを失いつつある兆候かもしれないと懸念を示したことが明らかになった。金利先物市場が示唆する年内の利上げ確率は13%。欧州連合(EU)離脱を選択した英国民投票後の景気見通しと金融安定をめぐる懸念を背景に利上げ観測が後退した。

  トロント・ドミニオン銀行のシニア為替ストラテジスト、メイゼン・アイサ氏は「雇用統計が非常に弱かった5月からかなりの回復を遂げたとしても、ドル買いが膨らむとは考えづらい。英国のEU離脱の影響がもう少しはっきりするまで、経済指標に対する市場の反応はやや鈍くなるだろう」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。前日には6月28日以来の高値水準を付けた。円は対ドルで0.5%高の1ドル=100円77銭。ユーロはドルに対して0.3%安い1ユーロ=1.1063ドル。

  ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、6月の非農業部門雇用者数は18万人増と予想されている。5月は2010年以来の小幅な伸びだった。給与明細書作成代行会社ADPリサーチ・インスティテュートがこの日発表した6月の米民間雇用者数は17万2000人増加した。先週の米新規失業保険申請件数は市場予想に反して減少。4月半ば以来の低水準となった。

  三菱東京UFJ銀行の外為ストラテジスト、リー・ハードマン氏(ロンドン在勤)は「英国民投票を受け不透明感が高まっているため、市場参加者は米経済が底堅いことを示す一段と強い証拠を求めている。非農業部門雇用者数が予想を上回ったとしても、今のところドルの上値余地は限定的だろう。市場は年内の利上げを予想していない」と語った。

原題:Dollar Near One-Week High Before June Jobs Data Watched by Fed(抜粋)

(第2段落と第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE