シタデル、証券部門CEOにマイクロソフトのターナーCOOを起用

米金融サービスのシタデルは証券部門の最高経営責任者(CEO)に、マイクロソフトのケビン・ターナー最高執行責任者(COO)を起用した。シタデルはテクノロジー部門の精鋭化に貢献できる人材を求めている。

  7日のシタデル発表によると、ターナー氏(51)は短い移行期間を経てシタデルに入社する。同氏はマイクロソフトで5万1000人を超える人員を従え、企業向けクラウドソフト「オフィス365」の販売とマーケティングを率いていた。同氏はシタデルの副会長にも就任する。

  金融業界ではコンピューターやビッグデータ分析、人工知能(AI)の活用を通して他社に差を付けようと、テクノロジー業界の幹部引き抜きが相次いでいる。レイ・ダリオ氏のブリッジウォーター・アソシエーツが3月に採用したジョン・ルービンスタイン氏は、かつて故スティーブ・ジョブズ氏の右腕として携帯端末のiPod(アイポッド)を世に送り出した一人だった。

原題:Citadel Names Microsoft’s Turner to Lead Securities Unit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE