ECB:英EU離脱投票の予想困難な悪影響を協議-6月議事要旨

  • ECBが7日、6月会合の議事要旨を公表した
  • 政策委員会は債券購入での制約について協議

欧州中央銀行(ECB)当局者らは6月初めに開いた会合で、ユーロ圏の景気回復は「緩やかだが安定したペース」で進む見込みであるものの、欧州連合(EU)離脱を問う英国民投票による「予想困難な」リスクにさらされているとの認識で一致した。7日公表された同会合の議事要旨が示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。