印タタ・スチールの英事業売却、EU離脱で手続き停止-関係者

  • 少なくとも買い手候補の4社が撤退、国民投票受け不透明感
  • タタ・スチールは8日の取締役会で今後を協議へ

インドの製鉄会社タタ・スチールは英国資産の売却に向けた手続きを一時停止した。英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したことに伴う不透明感から、取得を目指していた企業の多くが撤退したためだと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。