モンテ・パスキ債が下落、政府・EU交渉が暗礁-ベイルインが焦点か

イタリア3位の銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナの劣後債が7日、5カ月ぶり安値まで売り込まれた。イタリアの銀行システムを支える方法について政府と欧州委員会の交渉が暗礁に乗り上げたと報じられたことに反応した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。