6月の英住宅価格は伸び悩む-ハリファクスが鈍化兆候を指摘

  • 前月比1.3%値上がり、前年同月比は8.7%上昇
  • 国民投票の結果が及ぼす影響を判断するのは時期尚早

英国の住宅価格動向では、欧州連合(EU)残留・離脱の是非を問う国民投票実施以前に鈍化の兆しが見られたと、英銀ロイズ・バンキング・グループの住宅金融部門ハリファクスが指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。