中国人民銀の黄委員:銀行の不良債権、過小評価されている

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策委員会の黄益平委員は7日、中国の高水準のレバレッジ(借り入れ)は世界的な懸念材料となっており、国内銀行システムのリスクに対処するための改革が必要だと述べた。同システム内の不良債権は公式データより多いとの見方も示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。